宮越家庭


神様と真の父母様(文鮮明師ご夫妻)を何よりも尊重する動機で築いてきた家庭がどれほど尊いものか、

最近切実に考えさせられます。

一世の私たちが人生のすべてをかけて歩んできた天の伝統を、二世の子供や三世の孫はもちろんのこと、

子々孫々に至るまで「心情文化世界」を永遠に尊重し、継続して発展させてもらいたいものです。

 

また、祝福家庭同士で交流することにより、愛と力を得て、天の恩恵を実感することができます。

そういった趣旨により我が家では「祝福家庭交流会」を定期的に開催しております。(宮越さん)

 

  幸せな家庭を築いていく上で、我が家の“秘訣”だと思うことは?

  人生において“ために生きる”ことが最も尊い精神であると、教育を受けてきました。

 神様にもっと喜んでもらうためには、“いつ、何を、どうすれば良いのか?” この気持ちを原点として、

 夫婦間の関係を築き、親子、家族へと愛の絆を深め発展させていかなければなりません。

 それをご覧になられる神様は、どれほど感激されることでしょうか。

 

 換言すれば、お互いに対する「喜び」「感謝」「愛している」という気持ちではないでしょうか。

 日々、反省と悔い改めをしながら、これらのことを生活において実践していきたいものです。(宮越さん)


・宮越さんの娘さんカップルの写真はこちら